【ざっくり分かる】ブロックチェーンって何ができるの?

最終更新日

最近のニュースにも取り上げられる機会が多くなった「ブロックチェーン」というキーワード。目にする機会も多く、なんとなく聞いたことはあるけど、あなたは誰かに説明することはできるでしょうか?

 

今回は、ブロックチェーンをなんとなく理解しながら、一体何ができるのかを考えるための土台を考えていきましょう。

ブロックチェーンは「通帳(台帳)」

ブロックチェーンの技術を使った有名な仕組みとしてビットコインがあります。これはその名の示すとおり「お金」を管理する仕組みであることは言うまでも無いでしょう。ビットコインを細かく説明するとキリが無いので、ざっくりと「銀行」を例にして解説してみたいと思います。

 

銀行では口座を開設すると、通帳を作ってくれます。通帳の中には「いつ、いくら振り込まれたか」や「いつ、いくら引き出したか」といった情報が履歴として記入されています。最近ではネットバンキングも普及していますが、ネット上で見れる履歴も内容は同じですよね。この通帳の仕組みをまずイメージしておきましょう。次にブロックチェーンの話に進みます。

 

ブロックチェーンは、先ほどの「通帳」の仕組みと似ている部分があります。まず大きく間違ってはいけない部分として、ブロックチェーンは「金融だけの仕組みではない」ということです。今回の記事ではイメージしやすいように銀行の通帳と対比して解説をしますが、ここだけは間違えないようにしたうえで解説を読み進めてください。

 

まず、大きな違いとしては「ひとりではなく大勢で管理する共通の通帳(台帳)」という点が考え方として大きく異なるところでしょう。

 

一般的な銀行の口座であれば、あなたが開設した口座は、例えば、あなたの給料が振り込まれたり、あなたの生活費が引き落とされてりします。一方でブロックチェーンの場合は、口座の情報はブロックチェーンを扱うすべての人たちが共通で管理しています。つまり、一般的な口座は仮にあなたが使途不明な入出金を見つけた場合でも、それがいつ何時のものかはあなたの管理(一部は金融機関の管理でも解決できますが)に委ねられますが、ブロックチェーンの場合はすべての情報が繋がった状態(チェーン)で管理されているので常に信頼された情報が担保されています。

また、ブロックチェーンで扱われている台帳は「ブロック」という単位で管理されています。口座の通帳であればページに相当すると考えて良いでしょう。このブロック間で「関係性」が担保されています。通帳の場合でも、ページが1ページ破れてなくなってしまった場合は、残高が変わってしまったりと、前後の情報に関係性がなくなってしまいます。

 

言葉で解説すると簡単なように見えてしまうかもしれませんが、実際はこの関係性を照明するために膨大な計算が必要とされており、不正が起こる可能性は低いとされています。

ブロックチェーンを使った事例

次にブロックチェーンを使った事例を紹介します。

仮想通貨

世間一般に「ブロックチェーン」というキーワードを浸透させたのはやはり仮想通貨の存在が大きいでしょう。特に「ビットコイン」はその代名詞となっています。それもそのはずで、そもそもとしてブロックチェーンという仕組みはビットコインの基盤技術として開発されたものです。ここから各産業に展開するきっかけとなりました。

物流

ブロックチェーンの技術を使えば、我々の生活を支える物流の仕組みも管理できます。例えば、食品の生産から配送、食卓に届くまでの流れを追跡できるようにもなります。例えば、生産地の偽造などの悪事を行うことも防止できるようになるのではないでしょうか。

医療

医療の現場においても不正やミスは許されるものではないでしょう。患者のデータを扱うカルテ情報にも病歴や治療歴などを記録することによって正しい情報を記録できます。特に日本国内の場合で言えば、少子高齢化で病院にかかる人口の増加に反比例して医師や看護師が不足するなどの状況です。少人数でもミスのない状況を生み出すためには、徹底された情報管理も有効なのではないでしょうか。

 

他にも、情報分析や政治の情報をブロックチェーン技術に使用するなど、メリットを享受できるのではないでしょうか。

社会の授業でも使える「ブロックチェーン」という発想

前述のように社会のありとあらゆるものに有効な「ブロックチェーン」の技術。情報を正しく管理し、共有することで公平性と信頼性のある社会を気づくという思想に活かせるのではないでしょうか。

 

ブロックチェーン技術を実装するのはなかなか難しい部分はあると思いますが、構想自体はシンプルなものでもあるため、アイディアとして様々な発想が生みやすいでしょう。例えば、社会科の時間にブロックチェーンを使って従来のビジネスモデルを転換させるようなディスカッションをやってみるのも面白いかもしれません。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする