【初心者向け解説】コンピュータの基本:ソフトウェアとは?【ICT】

最終更新日

ICT関連の用語で多々耳にする言葉に「ソフトウェア」というものがあります。

聞いたことがあるけど、正直よくわからない。

一体どんな機能があるの?ハードウェアとの違いは何?などについて解説します。

理解できる内容

  • ソフトウェアの定義
  • ソフトウェアに関連する用語

ソフトウェアって何?

ソフトウェアは、ハードウェアにインストールして使用する「論理的なもの」を示します。

ハードウェアにインストールされて入ればソフトウェアと呼ばれるためWindowsやMac OSなどの一般的にOS(オペレーティングシステム)もソフトウェアに分類されます。

 

ハードウェアと違い、実際に手にとって確認できるもの以外は全てこちらに分類されます。例えば、前述のOSの他にもアプリケーションやミドルウェアなど関連する用語が様々であることから、慣れていない方にとっては混乱してしまいそうですが、まずは「論理的なもの」、「物理的に存在しないもの」がソフトウェアであるとだけ覚えておきましょう。

ソフトウェアに関連する用語

先ほど、OSはソフトウェアに分類されるというお話をしました。これをはじめて聞いた方はこの時点で少々混乱されているかもしれません。しかし、ソフトウェアには関連する用語がたくさんあります。以下にいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

①アプリケーション

ソフトウェアと混同しやすい用語として、アプリケーションという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。これは「OS上で動作するソフトウェア」を示しています。

例えば、インターネットをするためのブラウザや、文書作成、表計算などを行うオフィスソフトもアプリケーションに分類されます。その他にもゲームや、SNS、写真関連などなど、これらは全てアプリケーションです。

 

例えば、スマートフォンにインストールものを「アプリ」と呼んでいますよね。アプリはアプリケーションの略称です。普段あまりパソコンには触れない方でもスマートフォンをイメージすると理解しやすいのではないでしょうか。ちなみに、スマートフォンの場合、OSにあたるのが、AndroidやiOSになります。

②ミドルウェア

これもソフトウェアに分類されますが、日常的にはお目にかかることは少ないと思います。ミドルウェアを使用するのは主にエンジニアが多いでしょう。

 

そもそもとして、ミドルウェアとは、OSとアプリケーションの間(ミドル)を中継する役割を担うソフトウェアです。例えば、データベースやWebサーバ、運用管理、データ連携などがこれにあたります。エンジニアであれば、当たり前の用語ですが、普段これらの製品を使用しない方であれば深く知らなくても困らないでしょう。

③プログラム

プログラムは、ミドルウェアを含むアプリケーションを作成する際の中身を示します。細かい話をすれば、プログラムを作成する際には「プログラミング言語」と呼ばれるものを使います。プログラミング言語にも様々な種類が存在し、動作する環境や用途や、扱う処理に応じて使い分けをしています。

 

あくまで一例ですが、例えば最近流行りのAIや機械学習には「Python(パイソン)」という言語が使用されることが多いです。また、Webサイトなどには「HTML」や「PHP」といった言語を使って作成しています。

 

プログラミング言語の違いについて細かく解説はしませんが、「言語」と呼ばれるだけあって、記述方法を覚えるためには、外国語のように単語や文法を覚えます。覚えて会話する先はコンピュータとなります。

 

ICTを用いた教育や、プログラミング言語教育を行ううえでは特にこれらの用語には慣れたほうが良いでしょう。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする